一人暮らしのススメは、部屋探しをしに行くのはいつがいいのか、あなたが現地でやるべき重要な事もお伝えします。一人暮らしでは日当たりや方位は自分で確認しなければなりません。

一人暮らしのススメ

不動産会社の種類は、細かく説明すると混乱しちゃうので、一人暮らしを始めるあなたには、大手と地元の小さな不動産会社の違いだけ説明していきます。両者の違いを知った上で、あなたに合ったところで一人暮らしの部屋探しをして下さい。それではそれぞれの違いを見ていきましょう。ではまず、地元の小さな不動産会社から、小さなとこはほとんどが売買と賃貸の兼業です。これは賃貸だけでは利益が少ないので、やっていけないからです。

一人暮らしの部屋探し、賃貸・売買比率

比重は売買:賃貸=8:2程度で、比重は売買に傾いています。一人暮らしをしたいあなたにとって、これは敷居が高いかもしれません。賃貸はほとんどオマケみたいなもんです。試しに店の窓に貼ってある紙などを見てみてください。書式がバラバラの紙が沢山貼ってあったら、このタイプです。このタイプは一人暮らしの部屋探しに行っても、そっけない態度をされてしまう事もありますが、めげないで下さい。その分町については詳しいですから。

一人暮らしのねらい目

一人暮らし インテリア 実例を参考にテーマを決めて一人暮らしの部屋作りとインテリアコーディネートを楽しんで下さい。

地元の小さなとこを経営しているのは、その町の住人がほとんど。一人暮らしをするあなたにとって、町に詳しいのは心強いはずです。物件の大家さんは、昔からの友人だったりする事はよくあります。その為、ビックリするような条件のいい部屋を扱っている事もあります。一人暮らしでこれはねらい目です。さらに言えば、来店するお客さんの数が少ないので、掘り出し物が残っている確率も高いんです。ここものすごく重要でしょ?

Copyright 一人暮らしのススメ 2017
無断転載、無断コピー等一切を禁止します